コンタクトレンズを初めて使うときは

コンタクトレンズを初めて使う時は、眼科のあるお店で購入するのが安心です、提携している眼科があったり近くになるというのも良いでしょう。
まずは、コンタクトレンズを使用しても問題ないかチェックしてもらったり、度数を測ってもらったりして、自分に合うものを選びましょう。
それから、コンタクトレンズをケアするための道具も揃えましょう、レンズの保管器(レンズの入れ物)、消毒液、つけ置き容器、鏡や手鏡などが必要になったりします。
初めての使用時には、お店でレンズの入れ方や、はずし方をレクチャーしてくれるでしょう。
見てるのと、実際にやってみるのはかなり違います。
最初の頃はレンズを入れたり、消毒したりするのにも時間がかかると思います。
なれるまでは、時間が掛かることを計算にいれて支度をしましょう。
また、使用上の注意を良く読んで、規定の使用時間や、取扱い方法を守りましょう。
メガネと違って直に眼につけるものですので、正しい使い方で清潔に扱うことが大切です。

初めてコンタクトレンズを購入する人向けの講習とは

コンタクトレンズとは瞳に装着して視力矯正のできるもので、購入するには、眼科で出された処方箋が必要です。
眼科では、視力や眼球のカーブ、瞳の状態をチェックし、初めてコンタクトレンズを購入する人に向けて、講習を行っています。
レンズを扱う前には必ず手を洗うことや、装着方法、保存方法を教えてもらいます。
眼科で測定した度数とカーブに合った同じレンズを用意してくれて、その場で装着する練習をします。
初めての人には、眼の中に入れるのが難しく、目が赤くなってしまったり涙が出てしまう人もいますが、回数を重ねるごとに徐々に短時間で装着できるようになります。
2ウィークなどの1日以上使えるコンタクトレンズを購入する場合には、洗浄方法も教えてもらえます。
レンズにたっぷりの洗浄液を付けて清潔な指でこすって洗います。
一日付けただけでもホコリやタンパク汚れが付いてしまうので、綺麗に洗います。
水は使わずに洗浄液で洗い流します。
コンタクトケースは毎回綺麗に洗って自然乾燥させた後、保存液で満たします。