コンタクトレンズの正しいお手入れ方法で瞳に優しく使おう

コンタクトレンズとは、視力矯正のために瞳に装着する透明な薄型のレンズで、1日使い捨てタイプ、2週間使えるタイプ、1年使えるタイプなどがあります。
瞳に装着するものなので、清潔な手でレンズに触れる必要があります。
眼に雑菌が入るとしばらく炎症が続いたり、最悪の場合失明に至ることもあります。
眼は代えが利かないものなので、大切に扱わなければなりません。
お手入れの方法としては、レンズを触る前には必ず手を洗っておきます。
眼科でコンタクトレンズの視力検査を受けるときに指導されます。
1日使い捨てタイプのレンズの場合は、2日以上つけることはなく、1日使ったら処分し、2週間など複数日程使えるレンズも、開封してから期日が過ぎたら処分します。
開封してから保存する場合には、装着したレンズを洗浄液で表裏を洗っておきます。
レンズの凹みに洗浄液を溜めて指で優しくこすって、レンズに着いたホコリやタンパク汚れを落とします。
洗浄液で十分にすすぎ、清潔なコンタクトレンズケースに保存液をたっぷりと入れ、中に保存します。

瞳に優しいコンタクトレンズの正しいお手入れ方法を学ぼう

コンタクトレンズのお手入れは大切です。
瞳に着けるものなので、雑菌が入らないように十分に注意して行い、コンタクトレンズを触るときには、必ず石鹸で手を洗ってからにします。
ワンデータイプのレンズは2日以上使わずに、使用期限を守って1日だけ使って処分します。
ツーウィーク以上のものも、開封してから期限が過ぎたら処分するようにします。
時間が経つとレンズが劣化し始めて、ドライアイを招いたり、瞳を傷つける可能性があります。
普段のお手入れでは、コンタクトレンズ保存液を使って綺麗にレンズを洗います。
ドラッグストアなどで販売されている保存液は洗浄液の役割を果たすものが多いので、1つの保存液を持っているだけで大丈夫です。
レンズを手のひらに置き、保存液をたっぷりつけて指でこすり洗いをします。
タンパク汚れやホコリなどの汚れが浮いているのが目で見ても分かります。
両面綺麗に洗ったら、コンタクトケースにしまって乾燥しないように保存します。

recommend

アスクルのカタログ
http://asnery.com/

Last update:2015/7/1